国内温泉旅行で肌スベスベ

寒い季節になると、温かい温泉旅行に出かけたくなりますよね。
火山が多い日本国内は北から南まで、まさに温泉の宝庫です。
そんな温泉大国・日本で行く、おすすめの温泉旅行先をご紹介します。

まずは北海道中央部にある「十勝川温泉」です。湿原という意味を持ち、泥炭などの成分を含むモール温泉で有名ですが、色は黒っぽい濁り湯で、少しぬるぬるしていて、美肌効果が抜群と言われています。
国内でも有数の人気旅行先でもある十勝で別名「美人の湯」にゆっくり浸かる極上のひとときが楽しめます。

次は秋田県にある玉川温泉です。
国内でも随一の湧出量を誇る湯治場として有名で、無色透明ながら強酸性であり、様々な疾患・症状に効果があると人気です。
ぬるめから熱めまで、また源泉30%から100%のお湯や、弱酸性のお湯など種類も豊富であり、自分の体調や症状によって色々試してみると良いでしょう。

特に疾患などがなくても、少し長めに滞在したい癒しの温泉スポットです。
最後に、日本三古湯に数えられる、兵庫県の有馬温泉です。国内の温泉旅行先として人気ランキングの上位に常にランクインする温泉地であり、鉄分を多く含む赤色の「金泉」と、透明の「銀泉」の2種類を楽しむことができます。
旅館だけでなく、「太閤の湯」など日帰りの温泉施設もあり、日帰り旅行でも十分お肌に潤いとツヤを与えてくれる嬉しい温泉地です。